離婚相談、離婚問題なら離婚回避、夫婦関係修復から離婚手続きまで全て対応!離婚の窓口にお任せください。全国対応です!

離婚の窓口

〒530-0012 大阪市北区芝田2-3-16
JR大阪駅より徒歩5分 

0120-405-728

LINE

ID:@rikonで検索

お気軽にお問合せください

審判離婚

審判離婚とは

離婚調停が数回行われたにも関わらず、離婚が合意に至らないケース、離婚した方が夫婦双方にとって良いが些細な点で合意に至らないケース、離婚成立直前であるが夫婦どちらかが調停に出席しないケースなどの場合、調停委員会の意見を参考に家庭裁判所が調停にかわり審判を下すことがあります。

これを審判離婚と言い、夫婦の意に反し強制的に離婚を成立させます。

 

審判離婚が利用されるケース

審判離婚が利用される主なケース

  • 夫婦双方が審判離婚を求めるケース
  • 離婚調停の合意には至っていないが、離婚調停の話し合いの結果、離婚を成立させた方がよいと思われるケース
  • 夫婦間において離婚自体には合意しているが、財産分与や親権問題でわずかな意見の対立で調停が成立しないケース
  • 夫婦の片方が感情的(単にいやがらせなど)で調停を欠席し、結果的に離婚の話し合いがすすまないケース

このような時に離婚が成立できないと調停離婚の意味が無い為、家庭裁判所が職権で審判を下すことが出来ます。

審判離婚の効力

審判が下されてから2週間以内に当事者が家庭裁判所に対して異議申し立てをすると審判の効力は失われます。

意義の申し立ては夫婦のどちらか一方が、審判に対する異議申立書に署名・押印し、審判書の謄本と共に審判をした家庭裁判所に提出します。また、異議申し立てには具体的な理由は必要ありません。

このとおり審判離婚は当事者の異議で簡単に効力が失われ、決して離婚審判は強い効力が無いことから現実的に利用される人は少ないです。

でも、当事者から2週間以内に異議が申し立てられなければ、審判は確定判決と同じ効力を有します。

お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

離婚相談はお気軽に

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0120-405-728

LINE ID:@rikon で検索

お客さまの声

親身に対応してくれた

豊中市のM.O 様
男性、女性のカウンセラーを選択出来ましたし、法律問題や煩雑な手続きを1箇所でやってくれたので大変助かりました。未だにカウンセラーの方とは友達付き合いさせていただいております。

予想以上の対応でした

大阪市のK.Y 様
主人から離婚を切り出された時は本当にびっくりしました。でも、こちらで相談させていただき、離婚しない方法もアドバイス頂き感謝しております。

アクセス

0120-405-728

住所

〒530-0012
大阪市北区芝田2-3-16

JR大阪駅 徒歩5分

営業時間

営業時間

9:00~

休業日

不定休

連絡先

0120-405-728

お気軽にご相談ください。

友だち追加数